Walking wounded

Top

カテゴリ:Audio( 2 )

フェアプレイ

意思のある音源を作りたい、と思うんですが、なかなかうまく行きません。でも作り手の意志がない音源などただのゴミに過ぎないんですよね。何時間も悩んだり、意見をぶつけあったり、落ち込んだり、ときにそれがなにかの模倣のように思えたり、さんざん苦しんだあげくできたものがやっぱりくだらない、ということはよくあること。だけど、意思をそこに埋め込むことができたなら、まあ半分は勝ちなのかな、と。それこそが自分が生きた証ですから。自分に嘘をつかないフェアプレイを心がけたいと思う今日この頃です。
c0080716_3223511.jpg
My Favorite Audio Vol.2(笑)。マッキンの青いロゴを見てると、なぜか眠くなります。
[PR]
by unchained_melody | 2008-05-01 03:15 | Audio

真空管

オートバックスでの待ち時間、併設の書店で手に取った徳大寺有恒の「ああ、人生グランドツーリング」。これは面白かったです。なかでも感動したのが、フェラーリ365GT4のエンジンに火を入れるシーン。僕はコンピューターで制御されたフェラーリしか知りません。それがいかに不幸なことであるか、徳さんは教えてくれます。どんなにシステムがデジタライズされても、風を切って走る歓びは限りなくアナログな体験であり、それは音楽も同じ。真空管を12気筒になぞらえて、古いレコードなど聴きたくなりました。
c0080716_1271261.jpg
真空管が奏でる音楽。空間を満たす音の濃度が違う気がします。
古い車同様、暖まるまで時間がかかるけど、音の粒を感じることができます。
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-29 01:21 | Audio