Walking wounded

Top

<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

冬の道

昨日の夜から年越しのため京都に発つつもりでいたのですが、友達の身上に思いがけないトラブルがあり、一日順延したことで雪に遭遇する可能性が高くなりました。E550はノーマルタイヤなので、今年はもうだめかも知れません。3年前の大晦日にも関西に雪が降って、そのときの車は996C4だったのですが、早朝の大津で高速道路を下ろされるはめになり、国道もみるみる雪が積もって、まもなく直進さえできなくなりました。

大津駅前のパーキングにカレラ4を停め、喫茶店でお茶などしながら雪がやむのを根気よく待ったのですが、夕方になってあきらめて電車で上洛を果たしました。大切なポルポルを置き去りにして電車に乗り込むときは、まるで痛手を負い敗走する明智光秀のような気分でした。以来僕には雪の高速がトラウマになっています。さて、どうしたものか。予報ではお昼頃から関ヶ原は雪。さっきからユキイロ.comばかりリロードしています。
c0080716_8195827.jpg
午後8時40分現在、関ヶ原はまだ雪にはなっていない様子です。
行けるところまで行ってみようかなと思っています。
[PR]
by unchained_melody | 2007-12-30 08:20 | Travel

そのガラス玉の光と影

25日の朝シンガポールに発って、昨日の早朝、日本に戻ってきました。空港からの帰り道、またしてもライカのレンズを買ってしまいました。海外から帰ると、つい買い物をしてしまう、、、困った習慣です。てゆうか、そういう自分を容認している僕がいます。大した仕事もしてないのに、自分にご褒美が多すぎるんだよな・・最近。そして僕もまた多くのライカに魅入られた人たち同様、レンズの持つ底知れぬ魔力にやられてます。
c0080716_3561464.jpg
写真はSUMMILUX F1.4/35mm ASPH. 6-bit。
[PR]
by unchained_melody | 2007-12-29 03:52 | Leica

Only Holy Story

クリスマスイブ、六本木の喧噪を抜け出して、元町の教会のクリスマス・ミサに参列してきました。ここ数年、クリスマスと言えば毎年のように芝大門で焼肉を食べるという不思議な慣習が続いていたのですが、今年はクリスマスにふさわしく、素敵な賛美歌とおいしい七面鳥でした。

神父のお話を聞き、7時半頃に教会を後にし、元町からみなとみらいへ。なんでクリスマスというイベントはこんなにも日本人の心を捕らえて離さないのでしょうか。大通りはどこも大渋滞で、駐車場待ちの車が溢れかえっていました。大きなツリーを見上げながら、また一年生き延びることができたことに感謝。そして、メリークリスマス。
c0080716_640841.jpg


More
[PR]
by unchained_melody | 2007-12-25 03:52 | Diary

あきらめの夏

海外に行くのが本当にイヤ。先週のNY出張は、直前になってもうとんでもなく行きたくなくなって、担当者に頼み込んでキャンセルしてもらいました。そのかわりネットを使ってのコミットメントということで了承いただいた訳ですが、終わってみると「なんだ、ネットで十分じゃん」と。そういう会話そのものが前時代的ではあるのですが、12時間もの間リアル飛行機に監禁されるのは僕にはすごい苦痛だったりするんです。

友人が先月たった3時間のミーティングと現地のクラブで1時間弱のDJをするためNYに日帰り出張しましたが、その前後のスケジューリングや帰国後の時差ボケを考えると、とても割にあうものではないはず。ヨメは、せっかく海外に行くんだから、ついでに楽しんできたらいいじゃんとか言うけど、実際1時間でも到着が遅れただけで疑いまくるのはあなたでしょうが(笑)。

で、来週シンガポールに行ってきます。飛行機に乗るのはうんざりですが、多少近いことと暖かいことだけでもましかな。数年前はじめてシンガポールのクリスマスを体験したのですが、華やぐ街並にどこか敬虔なものが感じられるすばらしいものでした。沿道のカフェやお店のたたずまいを見るだけでも楽しいです。帰りにバンコク〜マカオ〜香港のアジアンエキゾティックルートをたどってこようかな、と思ったりしています。
c0080716_11273722.jpg

[PR]
by unchained_melody | 2007-12-21 15:59 | Diary

プライベート・モード

昨夜はあるレーベルのプロデューサー主催の食事会が銀座でありました。彼が育てたアーティストたちも顔を出し、即興のミニライブもある華やかな食事会になりました。途中から某テレビ局の友人もやってきて、僕たちは久しぶりに同じテーブルを囲み大いに盛り上がりました。いろんな事情で仲違いしていた時期もありましたが、僕たちはある企画で意気投合し、その後いくつもの仕事をいっしょにやってきた戦友みたいな関係です。宴も終わって別れ際、プロデューサーがタクシーを待つ間、最近夜中に涙が止まらなくて抗鬱剤を飲んでるんだよ、と話していたのが印象的でした。

どれくらい大勢の人と一緒にいれば、孤独でないんだろう。どれくらい12月のスケジュールが埋まれば、孤独じゃないと思えるんだろう。鮮やかなイルミネーションの下、人々は競うようにはしゃいで、笑って、でも地下鉄の階段を下りて電車に乗った瞬間に別の人になってたりするのかな。同じ方向に帰るという女の子を車に乗せて、とりとめもない話に相づちを打つ。マイミクが増えて喜んだり、別に料理のブログをやっていたり、麻布十番のアパートに大学生の妹と住んで、チワワを飼い、昼間は外資系の監査法人で働いて、でも忙しさだけでは紛らわせないさびしさを、きみはどこに捨てに行くんだろう。
c0080716_2382124.jpg

[PR]
by unchained_melody | 2007-12-19 23:15 | Diary

ヨコハマ買い出し紀行

注文していたブレスレットとキーリングを取りに夕方から横浜へ。食事のあと、赤レンガ倉庫周辺や元町周辺を流してきました。走行距離も500kmを過ぎ、ようやくエンジンにあたりが付いてきた感じ。F1マチックはタイミングが合うと速くて快感です。当初F430は1000kmくらい乗って売っちゃおうと思っていたんですが、スクーデリアは高くて手が出ないし、他に欲しい車もないし、当分乗ってみようと思い始めています。
c0080716_3203326.jpg


Continue reading...
[PR]
by unchained_melody | 2007-12-17 02:44 | Ferrari

M8

写真の知識はありませんが、最近ライカにはまっています。一年ほど使ったKiss Digital Xは、レンズといっしょに売りに出してしまいました。僕が買ったM8は、デジカメなのにフォーカスはマニュアルだったり、シャッターの感触もアナログチックですが、ドイツ製品らしい精度の高さを感じます。僕は写真に関しては、もともとパキっとした鮮明な写真よりは、妖しげでつやのある感じが好きなんで、そういうところが好みです。

肝心のレンズに関しては、まだSummicronの50mm F2一本しかありません。50mmはどちらかというとポートレートなど「寄り」の写真に向いているところがあり、たとえば車全体をフレーム内に収めようとすると、かなりの被写体との距離が必要になります。当然接写には不向きです。という訳で、いま28mmや35mmを探しているのですが、ライカのレンズはどれも品薄で、あっても高い。気長に出物を探したいと思います。
c0080716_16222546.jpg

[PR]
by unchained_melody | 2007-12-16 16:18 | Leica

996

はじめて買ったポルシェ・・996は、多分2001年式だったと思います。今日街で同じ型式の996を見かけて、とても懐かしくなりました。でもなぜ自分が996を買ったのか、思い出せないんですよね。フルチューンと言っていいくらい手が入ったM3を乗り継いできたこともあって、自他ともに認めるBMフリークだったんですが、ある日突然手放してしまいました。それから996を買うまでの半年間は、僕にとって免許を取って以来、唯一手元に車がない時間です。で、その間何をしていたかというと、ほとんど仕事もせずに、一橋学園で当時音大生だった女の子と暮らしていました。

そのあたりの顛末は以前ブログでも書きましたが、あの頃自分が何を考えていたのか、今ではほとんど思い出せません。ただ武蔵野の悲しいまでにきれいな冬の夕暮れを覚えているだけです。当時はお金がありませんでした。かといって欲しいものもなかったし、お金を欲しいとも思いませんでした(今でもあんまり思いませんが)。なのになんで996を買ったんだろう。ある朝彼女と別れようと思い、彼女の部屋を出てひとりふらふらと朝の街を歩き、白金台のマンションに半年ぶりに戻り、部屋の掃除をすませ、お昼頃にはショールームで996の在庫車を購入、十日後には新車が納車されていました。

白の996C4には4年乗りました。4年間、僕は人が変わったように働きました。でも僕はなぜ996を買ったんだろう。何かを変えたかったのかも知れません。
c0080716_522653.jpg

[PR]
by unchained_melody | 2007-12-15 03:30 | Porsche

墓参り

元カノの命日ということで、墓参りのため成城学園に。7年前、亡くなったのが22歳だったから、生きていたらもうすぐ大台。月日が経つのは早いなぁ。実家に寄って、羊羹などおよばれし、いつもと同じように古い写真など眺めながら、お母さんに結婚の報告など。まるで自分のことのように喜んでくれるのが、少し寂しかったりもして。ここに来るのはもう今年が最後かな。あっという間に日が暮れてしまい、夕闇の世田谷通りをとぼとぼと帰ってきました。
c0080716_2028027.jpg


continue reading...
[PR]
by unchained_melody | 2007-12-14 20:29 | Diary

甘い430

c0080716_32913100.jpg


More
[PR]
by unchained_melody | 2007-12-13 03:33 | Ferrari