Walking wounded

Top

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

真空管

オートバックスでの待ち時間、併設の書店で手に取った徳大寺有恒の「ああ、人生グランドツーリング」。これは面白かったです。なかでも感動したのが、フェラーリ365GT4のエンジンに火を入れるシーン。僕はコンピューターで制御されたフェラーリしか知りません。それがいかに不幸なことであるか、徳さんは教えてくれます。どんなにシステムがデジタライズされても、風を切って走る歓びは限りなくアナログな体験であり、それは音楽も同じ。真空管を12気筒になぞらえて、古いレコードなど聴きたくなりました。
c0080716_1271261.jpg
真空管が奏でる音楽。空間を満たす音の濃度が違う気がします。
古い車同様、暖まるまで時間がかかるけど、音の粒を感じることができます。
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-29 01:21 | Audio

湾岸カラーズ・オフ

kozirouさん主催「GT3RSを全色集める会」に参加させて頂きました。大黒PAにはGT-Rのneoさん、997のOKMさんがいて、一瞬SHIROKANE CLUBに来たかと思いました。その後OKMさんは西伊豆へと旅立ち、一行は六本木に移動。neoさん@GT-Rは、一番最後から一気にRS軍団を抜き去るべくやる気満々の様子でしたが、この日の湾岸はなかなかクリアが取れません。国産モンスターにいいようにされてはイカンと、僕もF430でGT-Rのあとをがんばって追いかけてきました。とても楽しい一日でした。
c0080716_15572785.jpg
カラーズ、壮観でした。どの色もステキです。遠路来られた方、おつかれさまでした。
(DENさんもうちょっと車後ろに下げてもらっていいっスか、、)

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-27 16:04 | Porsche

函館カレー紀行

食べ物と服の話はしないWalking wounded。今回だけは特別です。函館に行くと必ず立ち寄るインドカレー「元祖小いけ」。ココ、めちゃうまいです。まだ会社員だった頃、仕事で一緒になった函館出身の女の子が連れて行ってくれました。実は目と鼻の先の市電通り沿いに「小いけ本店」があるんですが、家名を引き継ぐ際にお家騒動があったとのこと。どちらが本家でも構いませんが、僕は圧倒的に「元祖」派デス。函館に行かれる方は、ぜひ食べ比べてみてください。あ、また食べたくなってきた。
c0080716_23265714.jpg
店内の様子。なんか懐かしい感じですね。

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-26 23:37 | Travel

ALPINAの誘惑

アルピナって大人すぎる感じがして、まだしばらくは煩悩の海でもがき続けたい僕には縁遠いクルマと思っていたんですが、今回B6カブリで都内を走らせて頂いて、物欲のデビルがむくむくと湧いてきました。ディテイルにこだわった内装や、控えめなエギゾーストノート、太く滑らかなトルク。優しいんだけど、丸くない感じ。難しい話をしながら、テーブルの下でエッチ、みたいな。これはかなりイヤラシイ。かなうならばF430とペアを組んで、僕のモノトーンな毎日に熱いスパイスをぶちまけていただきたいものです。
c0080716_21244445.jpg
まさに地味派手の極みかも。クローズド時の佇まいがステキです。
Photo courtesy of *Visionary Tokyo

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-25 02:18 | Diary

North Marine Drive (資料編)

時代遅れの鄙びスポットを巡る北海道旅行(巡礼)の日記なんかに、誰も興味などないだろうと思っていたのですが、アクセス数を見る限りそうでもないみたいで、ちょっと不思議な気分です。今後、北海道を車で旅しようと思う方のために、僕が泊まった宿泊先などをリスティングしておきます。今回の宿は、すべて前日または当日予約という、いつもながらのunchainedな旅でしたが、オンシーズンには簡単にブッキングできないすばらしい宿ばかりでした。ちなみに全行程、東京から4,000kmでした。
c0080716_1294615.jpg


Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-21 12:24 | Travel

North Marine Drive (函館リプライズ)

c0080716_3581852.jpg
ホテルの窓から見た夜の函館港。函館の夜は絵になりますね。
8日間のNorth Marine Driveは、これにて終了です。
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-21 04:04 | Travel

North Marine Drive 6

東北・北海道を巡る旅も最終章。ランプの宿を後に広大な津軽平野を北上します。五所川原市を経て、太宰治の出生地、金木町へ。去年もゴールデンウィークの時期に行ったのですが、芦野公園という駅に、古くていい桜があります。旧駅舎を改築した喫茶店を発見。去年の夏にできたばかりなのだとか。コーヒーもおいしく、つい長居してしまいました。夕方店を出て、弘前へと南下。ちょうど桜祭りの前日でしたが、それでも弘前城周辺はかなりの人出でした。東京で花見ができなかったので、ちょっと得した気分でした。
c0080716_31966.jpg
五能線芦野公園駅。一週間もすれば線路は桜のトンネルに覆われるそうです。

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-21 03:36 | Travel

North Marine Drive 5

まだ冬眠から醒めない知床。沿道の斜面に野生の熊を見ました。斜里経由で釧路に向けて南下し夕方釧路着。カニ三昧の後再び函館を目指します。深夜の峠越えはヤバいかもと言われ、海沿いルートを選択。海は荒れ、時折波が車を洗います。襟裳岬を回ったのが深夜0時。漆黒の闇のなか台風並みの強風が吹き付け、怖くて車外に出られません。函館から夕方のフェリーで大間へと渡り、下北半島を南下。夜10時頃青荷温泉ランプの宿へ。天井に映るランプの影を眺めながらいつのまにか眠っていました。
c0080716_232718.jpg
ホテルの部屋から見るウトロ港。
深夜2時に船が出て行きました。夜の海とか怖すぎ、、。

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-21 02:46 | Travel

North Marine Drive 4

サロマ湖のホテルを後にし、JR湧網線跡を散策。当時の駅も線路もありませんが、懐かしい残骸をいくつか発見しました。雲が厚く、いつ雪が降り出してもおかしくないほどの寒さ。ウトロへ向かう途中、釧網線の北浜駅に立寄りました。駅舎の中に喫茶店があります。初めて行ったのはもう10年以上も前のこと。流氷の季節には、駅舎の前の海をすべて白い氷が埋め尽くします。このあたりの色彩のなかで何かをなくした気がするんですが、あまりに昔すぎて、それが何だったかもう思い出せないんですよ。
c0080716_1953743.jpg
90年代の半ばまでサロマ湖の南岸に沿って走っていたJR湧網線の残骸。
駅舎と線路が当時の形そのままに保存されていました。

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-20 19:20 | Travel

North Marine Drive 3

稚内はとても小さな街で、15分もあればひと回りできてしまいます。晴天のもと、丘の上から宗谷海峡を見下ろすも、たった40数キロ先の樺太は影さえも見えません。色彩の薄い極北の街は、日本よりロシアの影響を感じるほどです。最北端の宗谷岬を経由し、その後はオホーツク海にそってひたすら南下。左手は海、右手は広大な原野。途中、集落もない一本道を走り続けていると、ここが日本である感覚がだんだん希薄になってきます。7時頃サロマ湖に到着。湖畔のホテルでおいしいホタテのフレンチを食べました。
c0080716_191162.jpg
ホテルの窓から見た稚内フェリーターミナルの夜明け。

Continue Reading...
[PR]
by unchained_melody | 2008-04-16 01:16 | Travel